グラデーションネイルを作る裏ワザ!スポンジネイルってどうやるの?

グラデーションネイルを作る裏ワザ!スポンジネイルってどうやるの?

爪の上の微妙な濃淡が魅力的なグラデーションネイルは、男性からの支持もバツグンのネイルデザイン。
でも、簡単そうに見えて実はとっても難しいんですよね!
境目のボカシ具合は、なかなか素人の手には負えません。
しかし、実はスポンジを使えば、簡単にネイルサロン級のグラデが出せるんです!
ポリッシュでスポンジを使ったグラデを作る方法をまとめてみました。

 

 

スポンジネイルに必要な物

 

  • ポリッシュ2〜3色
  • スポンジ
  • アルミホイル

 

ポリッシュのカラーは、仕上がりをイメージして選びます。
最初はベースとなるカラーと、グラデーションにするカラーの2色から始めましょう。
慣れてきたら、多色使いでカラフルなデザインも思いのまま。
スポンジは何でも構いませんが、ファンデーション用のスポンジが使いやすいです。
アルミホイルは、ポリッシュをスポンジに含ませる時に使うパレット代わり。
厚紙などでもOKです。

 

 

 

ベースカラーを塗って乾かす

 

まず、ベースカラーを塗りましょう。
ピンクベージュやオフホワイト、クリアなど、なるべく肌に馴染むカラーがオススメ。
そして、ベースが完全に乾いてから、グラデーションを入れていきます。
ベースが充分に乾いていないとムラになるので、必ず完全に乾かすことが成功させるポイントです。

 

 

スポンジにカラーを含ませる

 

用意したアルミホイルに、グラデーションに使うカラーを出します。
たくさん出し過ぎると乾いて濃度が増してしまうので、少しずつ出して、足りなくなったら足していきます。
次は、そのカラーをスポンジに馴染ませていきましょう。
ここでも付け過ぎると爪にベッタリ付いてしまうので、アルミホイルの何も付いていないところでポンポンして、量を調節します。
少しずつカラーを乗せていきたいので、少なすぎるかな?と思う程度でOKです。

 

 

グラデーションを作る

 

一番グラデーションを濃くしたい爪の先からスポンジを乗せていきます。
爪の先から根元に向かって、軽くポンポンと叩くようにぼかしていきましょう。
まだまだ薄いですが、重ねるに従って濃くなります。
重ね塗りする時も、必ず爪の先から根元に向かって色を乗せることを守れば、だんだんとキレイなグラデーションが出来てくるはず。

 

 

トップコートでツヤ出し

 

好みの濃さにまで重ね塗りしたら、トップコートを塗って仕上げます。
ここでの注意点は、少し乾かしてからトップコートを塗るということ。
まだポリッシュが柔らかいうちにトップコートを塗ると、せっかくのグラデーションもムラになることがあります。
焦らずに、ひとつひとつの工程を丁寧に行いましょう。

 

 

失敗を防ぐポイント

 

ネイルサロンのように筆を使わず、スポンジで簡単にグラデーションを作ってしまう裏ワザですが、それでもうまくいかない!という方も少なくありません。
そんな時は、まず同系色のグラデーションで練習することから始めてみましょう。
例えば、ベースに薄いピンクを選んだのなら、グラデーションにするのはそれよりツートーンくらい濃いピンクを選びます。
同系色にすることで馴染みが良くなり、グラデになっていなくても失敗作には見えません。
また、マットカラーはぼかしが難しいので、初めのうちはラメやパールが入ったカラーを選ぶのが正解です。
ぎっしりラメが入ったポリッシュは、ぼかしやすいので特にオススメ!
それでもグラデーションにならず、境目がクッキリ…なんて時は、その上にネイルストーンやデコパーツ、ネイルシールなどを配置して誤魔化してしまいましょう。
案外かわいいデザインになりますよ。

 

 

多色使いのスポンジネイルにも挑戦!

 

2色のグラデに慣れてきたら、3色以上のカラーを使って、多色グラデに挑戦してみましょう。
まず、お好みのカラーをアルミホイルの上に少しずつ出し、境目をつまようじなどでなぞって、ぼかします。
その上にスポンジを乗せ、カラーをスポンジに移しましょう。
これを爪の上にポンとスタンプすればOK。
ポンポンと叩くようにするとカラーが混じりすぎてしまうので、爪に押し当てつつ、ほんの少し上下に動かしてグラデーションを作ります。
ただ、この方法は爪の周りの皮膚にもポリッシュが付いてしまうという難点があるので、注意しましょう。
最後に除光液を含ませた綿棒で拭き取るか、あらかじめ爪周りをマスキングテープで巻いておくといいですね。

 

 

まとめ

 

スポンジを使ったグラデーションネイルのやり方と、失敗を防ぐためのコツをご紹介しました。
身近な材料を使うので、今日これからでもトライできるネイルアートです。
まずはフットネイルで練習してみるのも良いでしょう。
どのカラーを組み合わせようか、考えるのも楽しいグラデーションネイル、セルフで思い切り楽しんでくださいね!

 


このページの先頭へ戻る