割れ、欠け、二枚爪から自爪を守る、爪の保護剤ってどんなの?

割れ、欠け、二枚爪から自爪を守る、爪の保護剤ってどんなの?

手や指先は、普段の生活の中でも最もよく使うパーツです。
なのに、その指の先端に付いている爪の健康のことは、おざなりにしがち。
爪が丈夫でないと、細かい作業もしにくくなりますし、ネイルなどのおしゃれが楽しめなくなることもあります。
爪が割れるなどのトラブルが頻発するなら、爪の保護剤の使用がオススメ。
キレイで健康な爪を育てるボディーガード、爪の保護剤について調べてみました。

 

 

爪の保護剤とは

 

爪は皮膚よりも固いので、丈夫だと思われがちですが、乾燥や栄養不足などが原因で案外簡単に傷んでしまいます。
指先は感覚が敏感なので、少し深爪をしただけでとても痛いですよね。
爪が割れたり欠けたりしていると、物を掴もうとしただけで痛みが走ることもあります。
そんな大切な爪を守るボディーガード的な存在なのが、爪の保護剤。
爪に塗って、乾燥や刺激から保護し、弱っている爪のサポートをしてくれるアイテムです。
将来生えてくる爪を健康に育むためにも、力強い味方になるでしょう。

 

 

ネイルオイルとは違う

 

爪のサポート、と聞くと、誰もがネイルオイルを連想するでしょう。
確かに、ネイルオイルも爪のために考えられたアイテムのひとつです。
爪、および爪周りの乾燥を防ぎ、丈夫な爪を育てるためには有効ですが、爪が既に割れてしまっていて、指先に力が入らないという場合には、ネイルオイルは適さないでしょう。
ネイルオイルは使い続けることで効果を得られるタイプ。
爪の保護剤は、今すぐ何とかしたい爪の割れなどをサポートする役目を持っているのです。
上手に使い分けましょう。

 

 

マニキュアのように爪に塗って補強する

 

爪の保護剤として売られている商品にも、さまざまなタイプがありますが、使いやすいのはマニキュアのように爪に塗るタイプでしょう。
普段ネイルのおしゃれをしている方なら、その代わりとして利用することができます。
爪の成分でもあるケラチンを配合している商品も多く、物理的に爪を補強することが可能です。
乾いてしまえばベタつくこともありませんので、ネイルオイルを日中使うよりもストレスがないかもしれませんね。
自然なツヤもプラスできますので、爪の健康を守りながら清潔感のある指先に。

 

 

 

テープタイプで補強する

 

マニキュアタイプ以外にも、テープで補強するタイプの保護剤も販売されています。
ロングネイルにしたい、でも爪が弱くて折れてしまう…という方にもオススメ。
爪の先にテープを貼って、その上からマニキュアやジェルを塗って楽しむこともできます。

 

 

爪の健康のために、知っておきたいこと

 

爪はタンパク質で形成されているので、食事に良質なタンパク質を摂り入れるようにしましょう。
カロリーの摂りすぎにならないよう、鶏のササミやムネ肉、豆腐、納豆などを毎日の食卓に乗せるといいですね。
また、最近の食器洗い用洗剤は、油汚れに強く作られているため、手の皮膚や爪の油分まで奪い去ってしまいます。
台所仕事が多い方は、手袋をして食器を洗うか、終わってからハンドクリームやネイルオイルで保湿することを忘れずに。

 

 

まとめ

 

爪の保護剤は、割れてしまった爪を補強しながら、健康な爪に導いてくれるアイテムです。
マニキュアのように爪に塗るタイプや、貼って補強するテープタイプなどがあり、好みや使い方によって選びます。
食生活などにも注意しながら、ネイルオイルと併用して使うと良いでしょう。


このページの先頭へ戻る